システムエンジニア共通の悩み?若手SEの現状を知る

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

若手システムエンジニアの現状

若手システムエンジニアの現状

せっかく憧れて意気揚々と乗り込んだ、人材不足のIT業界であっても、自分が希望する仕事をすぐにも任されるわけではありませんし、その先も自分が希望する仕事を任せてもらえるかどうか怪しいものです。システムエンジニアという技術屋であればこそ、仕事を続けていて本当に成長できるのか、といった面に注目しがちであり、若手の不満は募るようです。

システムエンジニアの存在価値

システムエンジニアといえば、今では誰もが知っている職業の一つでしょう。誰もが家庭内あるいは仕事場でコンピュータを扱っており、誰もが何らかのトラブルに対処しきれず、ヘルプを頼んだ経験を持っています。コンピュータのシステムがカバーする領域が広がるにつれて、システムエンジニアは社会になくてはならない存在となっているという事実は、日本国内のこの不況下において唯一と言っても良いような人材不足からも頷けます。

一握りとその他大勢

システムエンジニアとしてのキャリアの先に、スペシャリストを思い描く人もいれば、プロジェクトマネージャのようにプロジェクト全体を取り仕切るマネジメントを考える人もいるでしょう。しかも大きなプロジェクトを任されるというのは、大変な責任があると同時にやり甲斐も大きいものです。しかし誰もがそのようなキャリアを積めるわけではありません。システムエンジニアのキャリアは、通常は下流工程の運用や保守を担当しながら、実際の現場での経験を積み重ねるところから始めて、開発の現場に移り、そのうち上流工程の設計や更に遡って要件定義を任され、プロジェクト全体をリーダーとしてまとめるという流れになるでしょう。正しく鯉が川を遡上するように、より難しいものに挑戦したいというのは、エンジニアにとってごく自然なことです。にもかかわらず自分が選んだ環境では、なにかしらの限界があると感じる人も少なくないのです。

システムエンジニアの現状

もちろんシステムエンジニアの中には、自らのキャリアに適する会社を選び、適する就業形態を選び、そして適するプロジェクトで実力を磨くことが出来るという恵まれた人もいるでしょう。しかし日本のシステムエンジニアの多くは、SIerという、いわば常に下請け仕事を任されるような就業形態を採っており、そのため官庁などの比較的大きなプロジェクトの一端を担うとはいえ、現場から現場へと移り行くことも多く、仕事内容も細切れの工程に分断されているために、スキルアップに繋がりにくいという現状もあります。つまり下流工程でずっと留まり続けることになりかねないのです。また社内SEであっても、社内環境によっては、小さなプロジェクトが多く、大規模なものには手が届かないということも少なくありません。

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。