悩める若手システムエンジニアへ、ベテランエンジニアからアドバイス

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

若手システムエンジニアへ贈る助言

若手システムエンジニアへ贈る助言

システムエンジニアとして3年も働けば、スキルにもある程度の自信がついてきて、もっと多くのことにチャレンジしたくなるものです。もっと大規模な案件にチャレンジしたいと思うこともあれば、最先端の技術にふれたいと思うこともあるでしょう。今よりも責任ある立場でひとつの案件を任されたいと思うこともあります。なのに、自分の意図とは違う仕事ばかりをさせられてモチベーションが下がりつつある、そんな若手システムエンジニアに、ほんの少しのアドバイスです。

「不遇」ではなく「当たり前」

システムエンジニアに限らず、会社員である以上、仕事を自分で選ぶことはできません。自分自身だけじゃなく、同僚も、先輩も、そして上司も、今やらされている業務を自分で選んだわけではないのです。もし、今、自分の思いと違う仕事をさせられている自分が不遇な環境にあると思っているとしたら、それは勘違いです。不遇なのではなく、当たり前なのです。とは言え、そんな中でも、「もうそろそろ次のステップの仕事をさせてくれてもいいんじゃないか」と思う気持ちはよく理解できます。スキルアップや次へのステップに意欲的だからこそ感じる不満です。ただ、その不満を「不遇」のせいだと思ってしまうのは間違いだということです。今の会社の環境がよくないから、今の上司が馬鹿だからと、単純に周囲のせいにしてしまうことのないようにしてください。転職したからといってその状況が改善されるわけではありません。会社も上司も、あなたを次のステップに進ませるベストなタイミングをしっかりと見計らっています。

ふてくされたら負け

システムエンジニアの仕事はどうにでも細分化することができます。その中で、今担当している業務が希望のポジショニングと違ったとしても、「なんで俺がこんなことさせられるんだ」と、ふてくされてしまったら”負け”です。ふてくされることで仕事が適当になります。その適当な仕事ぶりを見て、次のステップに進ませようと思う上司はまずいないと思ってください。むしろ、「この仕事でこの程度のできなら、まだ次にいかせるのは早いな」と判断され、いつまでもその仕事から次へ進むことはできないでしょう。もしくは「この程度でふて腐れるようじゃ、責任の重い仕事を任せられない」という評価にもつながります。会社員としても、システムエンジニアとしても、明るい将来は開けません。

今おかれた環境で最大限の力を発揮する

気に入らない仕事、つまらない仕事、思いと違う仕事であっても、与えられた仕事が仕事です。今おかれた環境で、最大限の結果を出すことに専念してみてください。あなた自身がどんなにくだらないと思う仕事でも、その仕事には意味があります。何のためにその仕事が必要なのかを考え、常に100以上の結果を出してください。簡単な仕事を、適当にこなすことは誰にでもできます。次のステップに進む自信があるなら、今の仕事はポテンシャルをフルに発揮せずとも、楽にこなせるはずです。簡単な仕事だからこそ100以上の結果を出すことが次のステップへつながるのです。

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。