目指せ一流!システムエンジニアのスキル考察

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

まずはスキルよりも考え方!若手システムエンジニアの悩み

まずはスキルよりも考え方!若手システムエンジニアの悩み

20代の若手システムエンジニアにありがちな悩み・不満によくあるのが、「自分は恵まれてないな」と感じることです。右も左もわからず先輩の後ろをついて歩いたタマゴ時代から、少しずつひとりでできることが増えてくるヒヨコの頃に生じやすい悩みです。できなかったことができるようになり、わからなかったことがわかるようになる頃。もっと難しいことがしたい、もっと重要な仕事を任されたい、新しいことに関わりたいという、欲が出てきます。これはエンジニアとして決して悪いことではなく、むしろ自然なことともいえるのですが、この思いが不満に変わるとすれば問題ありです。

若手システムエンジニアの現状

若手システムエンジニアの現状

システムエンジニアが人材不足といわれているとはいえ、その現場で満足の行くキャリアを積むことができる人は一握りでしょう。エンジニアであるが故に、より難しい問題に挑戦したいという熱意はあっても、実際の現場では下流工程の同じ仕事を繰り返すことになりかねず、大きなプロジェクトを担当したいと願っても、小さなプロジェクトしか手が届かないということもあります。もっとも大きなプロジェクトともなれば、各工程が細分化されてしまっており、自分が担当する仕事以外にはスキルや知識を高めることが出来ないということもあるのです。

若手システムエンジニアの現状の続きはこちらへ

若手システムエンジニアへ贈る助言

若手システムエンジニアへ贈る助言

いつまでも同じことばかりさせられる、つまらない作業ばかり担当させられる、など、やさぐれてモチベーションが下がりぎみな若手システムエンジニアの姿を時々見かけます。これは、スキルも意欲も十分で優秀な若手に多い現象です。そんな姿を見かけるたびに、もったいないなと感じます。そんな若手システムエンジニアの不満は、本来エンジニアであれば誰でも理解に難くない種類のものです。若手システムエンジニアの問題は、その不満の矛先です。若さゆえ、すべてを他者のせいにし、ふて腐れてしまうのです。気持ちはよく理解できますが、そうなってしまえば結果的に損をするのは自分自身です。

若手システムエンジニアへ贈る助言の続きはこちらへ

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。