レベル別!システムエンジニアの不満と悩みを解決

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

システムエンジニアたちの悩み

システムエンジニアたちの悩み

システムエンジニアという仕事をライフワークとしていく上で、業務経験の長さに応じてスキルも変化し、仕事の内容や責任の重さ、周囲とのつながり方も変わっていきます。当然、システムエンジニアとしてのレベルごとに悩みの種類も変化します。30代前半頃までの若手システムエンジニア、30代から40代前半の中堅エンジニア、そしてベテランの域に入る30代後半以降のシステムエンジニア。システムエンジニアの悩みと解決の糸口を、各レベルごとに見ていきましょう。

若手システムエンジニアの現状

若手システムエンジニアの現状

職種は同じシステムエンジニアでも、勤める環境によって、大規模プロジェクトで仕事をしているシステムエンジニアもいれば、保守側のシステムエンジニアもいて、販売よりの活動をしているシステムエンジニアもいます。さらに細分化すれば、ネットワークを担当しているシステムエンジニアや、OSを担当しているシステムエンジニアなど、皆それぞれ異なる仕事を任されています。その仕事の内容によっては先進的なものから旧態的なものまでいろいろありますが、当然のことながら、誰しも、自分がやりたい仕事ができているわけではありません。自分ひとりが不遇だと思うのは間違いです。

若手システムエンジニアの現状の続きはこちらへ

中堅システムエンジニアの不満

中堅システムエンジニアの不満

30歳中堅システムエンジニアの不満と不安を解消するための必須条件は、エンジニアとして自立することです。IT産業は高度成長と世界的不況という2つの大波にさらされ、IT企業は厳しい生存競争を展開してきました。その流れを目の当たりにしてきた中堅エンジニアが抱える不満・不安の根本的な要素として、現代のビジネス環境の急激な変化があげられます。外部研修やセミナーに参加するなど、他業界、異業種との交流を図り、現状をよく見据えた上でエンジニアとして自立することによって不安や不満解消の糸口が見えてきます。

中堅システムエンジニアの不満の続きはこちらへ

高単価なシステムエンジニアは不安定?

高単価なシステムエンジニアは不安定?

システムエンジニアとして高単価を得るということは即ち、単価相応のハイレベルなスキルと知識を有するエンジニアであるということですが、必ずしも安定して仕事を得られるとは限らないようです。その理由は極めてシンプルで、高単価エンジニアが活躍できる場が少ないためです。開発工程を、立ち上げ期、開発期、運用保守期の三つのフェーズに分けて考えると、高単価SEが十分活躍できるのは初期である立ち上げ期だけであるケースが多く、設計が固まったあとの開発期以降は通常単価のシステムエンジニアでことが足りるということです。

高単価なシステムエンジニアは不安定?の続きはこちらへ

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。