いつまで作業者?中堅システムエンジニアは管理スキルを

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

若いIT業界といえど、人は着実にキャリアを積み重ねているのであり、中堅となればシステムエンジニアであっても、部下の育成を始めとする管理職としての仕事が待っています。ここでは、中堅システムエンジニアに求められる"管理するスキル"というものをご紹介します。

中堅の役割

開発現場で一心に、任された工程の作業をこなすために必要とされるスキルも、技術革新のスピードの速いIT業界に身を置くシステムエンジニアであれば、時流に合わせてより新しくより高度にして専門性の高いスキルを求められるため、日々その習得を疎かにするわけにはいきません。その上更に中堅という立場上、一段高いレベルのリーダーとしてのスキルも求めれられることになるのです。リーダーになるということは、部下を育てて部下の能力とやる気を引き出し、個々をチームとしてまとめ上げて、かつそのすべてに責任を負うということを意味します。

良い上司になる

会社勤めを始めれば、誰しも悩むのが上司との関係でしょう。良い上司に巡り合うのも、悪い上司に巡り合うのも、時の運といえますが、それぞれになぜ「良い」のか、なぜ「悪い」のかを考えていれば、自分がやがて上司として部下を持つ立場に立つようになった時に、「良い」上司となる手掛かりにはなるでしょう。部下としての悩みの多くは、上司とのコミュニケーションの取り方に集中しているようです。すなわちどのようなタイミングで、どのような言葉で、どのように上司と接してよいのか分からないというわけです。もちろん一から十まで手取り足取り教えることではないでしょうが、部下が必要とする時には話を聞く用意があることを、常日頃さり気なく知らせておき、いざ何か問題が発生した時には、出来るだけ早くその状況を説明して打開策を練ることの大切さを、感情を極力交えず冷静に伝えておく必要があるでしょう。

良いリーダーになる

そして上司と部下という1対1の関係に留まらず、リーダーとしてチームを、あるいは社内をまとめる役割を期待されるようになります。チームあるいは社内全体といった複数人を動かすためには、同じ目的を持って同じ方向を向く必要があります。すなわちチームとしての目標や、会社全体としての理念を明確にして、それを個々人が間違いなく共有するよう目を配り、更にそれを実現すべく個々の仕事に取り組むのを見守る必要があるのです。時には逆境にある会社を救うべく、構造改革に着手しなければなりません。そのような場合には必ず起こる、反対勢力との軋轢を上手く回避して、全体で同じ目標を達成する大切さを説いて、ブレずに説得できなければなりません。それは自分自身の信念や価値基準が厳しく問われる場面であり、同時に自らが属する会社全体としての存在価値を問われる場面なのです。

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。