働き盛りの中堅システムエンジニアならではの不満

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

中堅システムエンジニアの不満

中堅システムエンジニアの不満

IT業界のスピードは、通常のビジネス環境よりも数段早いと言えるでしょう。わずか数十年にして、社会の根幹にまで変革を及ぼし、今では"なくてはならないもの"となった様々なコンピュータシステムも、その開発現場に変化が訪れています。

クライアントはよりシビアに

もちろんここまでクライアントがコンピュータの効能を、目に見える利益に直結するものとして認識するようになったのは、これまでのシステムエンジニアの努力の賜物といえるでしょう。その一方で企業のシステム導入も一巡した感のある昨今では、従来通りの潤沢な予算で、時に不必要なほど大掛かりなシステムを開発するという時代ではなくなっています。不況が及ぼす影響もあって、クライアントはIT投資においても費用対効果をシビアに計算するようになり、そのため中堅のシステムエンジニアにとっては、個々のクライアントへの提案にも具体性を求められるように変わってきています。すなわちどのようなシステムをどの程度の予算で導入することで、どれだけの利益やコストダウンが具体的に見込めるのか、といった説明を求めるというわけです。そのため中堅システムエンジニアにとっては、業績が伸びずに収入が頭打ちになったり、希望するようなスキルや知識を身につけることが出来る現場を経験したり研修を受けることが出来ずに不満を募らせることとなっています。

外部からの刺激を積極的に取り込む

開発現場での不満は、時として社内環境の悪化という不毛な結果をもたらします。しかし不満を感じるということは、その解消によって現状打破する必要があるということであり、それはまさにその現場にいる人にしかできないことなのです。ともすれば蛸壺化していた社内のぬるま湯を自覚するためにも、例えば異業種の研修会に出席するなどして、話を聞いたり自ら語ることで、自分の置かれた状況を客観的に評価することは大切です。また社外に積極的に人脈を広げ、新しい技術や知識を吸収する努力を怠ってはなりません。

内部の問題を自ら解決する

このようなちょっとした外部からの刺激を受けるだけでも、考え方が変わるかもしれません。これまでは指示待ちで、自ら考えることを要しないポジションにいたとしても、たとえ下流工程の慣れた仕事をする場合であっても、上流工程で必要とされるような全体を俯瞰して目的を考えるという視点を取り入れれば、一段ハイレベルな仕事が可能になります。また自分や同僚の小さな悩みやトラブルを率先して解決しようと、あれこれ試行錯誤を繰り返してみれば、その経験がやがてプロジェクト管理に活きるでしょう。そして社内に限界を感じていても、自立したエンジニアとしてのスタイルを身に付けることで、それは外でも通用する実力となり、不安の解消に役立つのです。

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。