システムエンジニアとして高単価を得るためのスキル

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

ビジネスの現場では、不必要な仕事というものはありませんが、それでも自ずと重要度に差が生じます。そしてそれが、その仕事を任される人の報酬として反映されるのです。システムエンジニアと一口に言っても、一つのプロジェクトの中ですら、複数人が関わっており、それぞれが担当している仕事の内容もレベルも一様ではありません。下流工程と上流工程でも異なりますが、高単価のシステムエンジニアは、全体を統括するような立場に立っていますので、責任も重大であり、必要とされる能力も幅広いのです。

技術力

大抵のシステムエンジニアは、下流工程の運用や保守からキャリアをスタートさせているでしょう。そして開発現場で実装に携わった経験から、スケジュール管理をするために必要な、工数などをある程度正確に把握できます。もちろん技術力のレベルは一様ではありませんが、プロジェクトが大規模になればなるほど、この工数をどれだけ正確に見積もることが出来るか、という点が大きく響いてくるのです。

業務知識

もちろんクライアントからの依頼による開発は、そのクライアントの業務への理解を抜きには語れません。要件定義や設計のためには、クライアントの要求を的確に聞き取ることと、その要求を最大限に叶えられるシステムを具体的に思い描くことが出来なければなりません。昨今ではクライアントの要求も、コストやスケジュールと相俟ってシビアになっており、具体的にクライアント企業に利益や効用をもたらす提案が出来なければならないのです。

マネジメント能力

自らがプロジェクトを統括する立場に立つのであれば、人、時間、金を管理できなければなりません。適切な計画を立てて、適切に運用し、問題が生じても適切に解決しなければならないのです。たとえ当初に緻密で立派なスケジュールを決定していたとしても、進捗状況から素早く判断して見直す必要もあるでしょう。またトラブルの発生を予測してあらゆる場面を想定し、未然に防ぐのはもちろんですが、防ぐことが出来ないトラブルも有るということをスケジュールに織り込んでおく余裕も必要なのです。

対人スキル

これらの能力を存分に発揮する上でも不可欠と言えるのが、対人スキル、すなわちコミュニケーション能力です。プロジェクト全体に責任を持つためには、最初のクライアントとの折衝に始まり、提案、そして開発というどの場面においても、人とのコミュニケーションを常に円滑に、風通し良く良好に、築くことが必要になるのです。もちろんクライアント相手であっても、プロジェクトメンバーであるプロ相手であっても、その場その場で誤解のないように、相手にわかるようなものの伝え方をしなければなりません。これらのスキルを身につけるため、または自身のスキルレベルを確認するという意味で資格にチャレンジしてみるのもモチベーションアップ手段として効果的です。このレベルに適した資格として、ITコーディネータ試験などがあります。興味があればチェックしてみてください。

ITコーディネータ試験
http://www.itc.or.jp/authorize/exam/index.html

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。