一流システムエンジニアの高単価案件はそれほど多くない

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

高単価なシステムエンジニアは不安定?

高単価なシステムエンジニアは不安定?

スキルも経験値も申し分のないベテランシステムエンジニアになってくると、単価も高くなっていきます。いくらでも仕事がとれそうに感じますが、そのイメージに反して高単価なシステムエンジニアほど案件がなかなかとれず不安定になるという側面もあります。なぜそのようなことが起きるのか、その理屈を解説します。

ハイレベルなシステムエンジニアの活躍シーン

システムエンジニアが担当すべき工程は、開発初期にある「立ち上げ期」、開発スタートから納品までの「開発期」、システムの本番稼動を迎えた「運用保守期」の3つの段階にわけることができます。
上流工程から下流工程へと流れていく中で、下流工程、つまり終盤に近づくにつれ、作業内容は平板化されていきます。この中で、システム開発プロジェクトの成否を左右する重要なタイミングは、やはり上流工程である「開発初期」にあります。マニュアル化された作業を担当する「運用保守期」のシステムエンジニアは初級システムエンジニアが担当し、個別機能設計からプログラミング、テストを担当する「開発期」には中級レベルのシステムエンジニアが必要となります。さらに、肝心要の頭脳ワークとなる「開発初期」のシステムエンジニアの方がより高度なスキルと知識、そして経験値が求められるということは理解に難しくないと思います。

立ち上げ期の仕事とは

運用保守期にはほぼ全てがマニュアル化されるシステム開発ですが、立ち上げ期は、未確定要素ばかりです。クライアントの要望をヒアリングし、要件を分析した上で、最適なシステムを策定するところからスタートします。要件定義、外部設計、工数見積りを進めながら、必要となるリソースの確定、スケジュール策定などを担当する工程です。ここでの失敗はプロジェクトに後々まで多大な影響を与えます。最悪の場合、開発プロジェクトが頓挫します。そのため、豊富な開発経験と幅広く確かな知識、そしてハイレベルなスキルが必要となるのです。

案件に関わる時間が短い

高単価なシステムエンジニアに立ち上げ期から運用保守期までを任せれば、開発費は膨大になります。そのため、プロジェクトが中級システムエンジニアでことが足りる開発期にうつったあたりで、高単価なシステムエンジニアは次の案件へと向かうことになります。そのため、高単価なシステムエンジニアはひとつの案件にたずさわる期間が短くなります。「短いスパンで、立ち上げ期の案件を担当する」これが、高単価システムエンジニアに求められる活躍シーンです。そのような条件に合致する案件を次々に確保しなければならないため、不安定になりがちなのです。一方、開発期から必要とされる中級システムエンジニアはもっとも活躍シーンが多く、参画するべき案件数も多くなるといえるでしょう。

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。