高単価システムエンジニアとして安定するには、レバテックフリーランスを活用!

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

安定して高給取りなシステムエンジニアになる方法

安定して高給取りなシステムエンジニアになる方法

システムエンジニアの業務工程を開発初期の立ち上げから運用保守までに分解した場合、後半の運用保守工程にいくほど業務が平板化されるため、初級システムエンジニアでも対応できるレベルになっていくという話は前の記事で紹介しました。つまり、高単価を得るシステムエンジニアの活躍シーンはプロジェクト立ち上げ期にあるということです。

大規模案件の立ち上げ前に仕事を確保

繰り返しになりますが、高単価なシステムエンジニアが必要とされるのは、大きめの案件で、かつ、プロジェクトの要を握る立ち上げの段階です。つまり立ち上げ前にその案件の受注をとらなければならないわけですが、個人の営業や人脈だけで、次々にそのような案件を確保するのは至難の技です。そこで、高単価なシステムエンジニアほど、専用エージェントを活用することが有効になってきます。

エンジニア専門エージェントとは

エンジニア専門エージェントとは、ITエンジニアとクライアントをマッチングさせる専門業者です。個人では拾えないような案件を多数抱え、登録しているエンジニアにスキルや条件、希望などから、マッチする案件を斡旋します。エンジニアが苦手とする営業活動や契約行為など、本業以外の諸事を幅広くサポートしてくれるため、非常に便利なサービスです。質の良いエージェントを見つけ、良好な関係を維持することで、継続的に安定して案件を確保することができます。

ITエンジニア専門エージェント「レバテックフリーランス」

業界大手で、ネット上の口コミ評価も高いエージェントと言えば、レバテックフリーランスです。

契約関連業務は担当のフォロワーが対応させていただきます。フリーランスの方の現状をヒアリングしながら、企業への条件交渉まで幅広く対応いたします。 また契約更新のタイミングが来た場合、フリーランスの方の意向を確認します。「契約終了後も現在の企業への参画を続けようかどうか迷う」といった相談にも随時お応えいたします。 快適に長く参画いただけるように徹底的にサポートします。契約について疑問に思う事も、お気軽にご相談ください。

業界トップクラスの案件数を確保しており、フォロー体制も万全です。技術に詳しいテクニカルカウンセラー、クライアントとの交渉や営業、ヒアリングを担当する企業担当、そして参画中のエンジニアをあらゆる面でサポートするフォロワースタッフと、それぞれの分野に専属の担当者がいて、案件探しの段階から参画中、参画後までしっかりフォローしてくれます。

特に高単価のシステムエンジニアにとって、気になるのが契約面ですが、レバテックフリーランスなら契約面のサポートもしっかりしています。

SEの転職・求人・募集の情報はこちら

SEの転職・求人・募集の情報はこちら

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。