超一流システムエンジニアとして高給取りになる

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

高給取りシステムエンジニアになるには?

高給取りシステムエンジニアになるには?

価値の高い、高給取りのシステムエンジニアになるためには、当然ながら一般的なテクニカルスキルだけでは足りません。システムエンジニアとして専門分野における技術的知識やスキルは当然ハイレベルであるという前提で、さらに必要となるスキルがあります。それはまず業務に関する知識です。経験といってもいいでしょう。クライアント目線に立ち、より優れたシステムを開発するためには、クライアントサイドの事情を理解できる力が必要です。テクニカル目線しかもてないエンジニアはシステム開発においてもひとりよがりになりがちです。もうひとつはコミュニケーションスキルやマネジメントスキルなどのいわゆるヒューマンスキルです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

同じシステムエンジニアでも、その立場や仕事内容は様々であり、それに応じて報酬にも差が表れます。高単価のシステムエンジニアは、プロジェクトを統括し、上流工程から下流工程に至るまで、俯瞰的に捉えて全体の進行に責任を負います。そのため実際に自ら携わらないとしても、技術力はもちろん必要ですし、クライアントの要望を的確に聞き取るためには、個々の業務知識も必要です。またプロジェクトの完成に向けた適切なスケジュール管理の下、工程を適切に管理するマネジメント力が求められます。そして何よりもどんな場面においても、高いコミュニケーション能力が必要です。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?の続きはこちらへ

高単価なシステムエンジニアは不安定?

高単価なシステムエンジニアは不安定?

単価もレベルも高い、優秀なベテランシステムエンジニアになれば、仕事にあぶれることはない。そう思われがちですが、実はそうでもありません。ハイクラスのシステムエンジニアほど、仕事が不安定になるという現実があります。システム開発プロジェクトにおいて、システムエンジニアのハイレベルなスキルが必要となるシーンはそう長くないことがその理由のひとつです。多くの場合、要件定義が済み実開発段階に入れば、その先は中級クラスのシステムエンジニアでも勤まるため、高単価なシステムエンジニアの高いスキルや知識が必要となるのは、開発案件の中でも立ち上げ期に限定されます。

高単価なシステムエンジニアは不安定?の続きはこちらへ

安定して高給取りなシステムエンジニアになる方法

安定して高給取りなシステムエンジニアになる方法

高単価システムエンジニアとして安定して仕事を取るためには、比較的大規模なプロジェクトの立ち上げ期に参画することがポイントです。そのような案件に継続的に参画しようとすれば、個人の力だけでは限界があります。そこで活用すべきなのがITエンジニア専属エージェントです。高単価のシステムエンジニアには、多数の案件を持ち、万全のフォロー体制を整備している大手エージェントがおすすめです。エンジニア専属エージェントで言えば、レバテックフリーランスが業界大手で、エンジニアからも高い評価を得ています。

安定して高給取りなシステムエンジニアになる方法の続きはこちらへ

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。