システムエンジニアから超上流を目指すなら、ビジネスアナリストのスキルを養成

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

IT業界で、上流工程というと「システム分析」や「システム設計」をいいますが、超上流工程というものも存在します。「IT要求開発」や「ビジネス・プロセスの分析、設計」などがそれにあたります。システムエンジニアであれば、上流工程に携わる機会も多いことでしょうが、更なるスキルアップのため、その上である「超上流工程」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

クライアントによるシステム分析の違い

クライアントが大手企業の場合や、自身が下請けに位置する場合、クライアント企業や元請け企業が業務プロセスの整理からIT要件を定義していることがほとんどであるため、確認作業だけをすることが多いことでしょう。しかし、直請け案件でクライアントが中小企業の場合、業務プロセスやルールも未確立であるため、IT要件を定義する前にブラッシュアップする必要が出てきます。ここに、「IT要件開発」や「ビジネス・プロセスの分析」などといった超上流工程が発生するのです。

超上流工程を経験する

いつまでも大手企業や元請け企業のシステム分析を確認しているだけでは、経験値もスキルも身についていきません。小さな案件でも積極的に要求分析を行うことが大切です。用語を理解しているだけでは不十分です。クライアント企業の業務フローやプロセスについて深い知識を学ぶことが必要です。上流工程と超上流工程には大きな差があります。上流工程の経験をたくさん積んだとしても超上流工程を担当できるレベルのスキルは身につきません。システムエンジニアは、基礎はできているはずなので、BABOKなどを参考にして効率的に知識を幅を広げていくことが近道です。

スキル養成法

前述のとおり超上流工程はハードルが高い業務です。まず、簡単なことから疑似体験してみるのが良いでしょう。日頃からシステム的な思考だけでなく、人的プロセスやワークフローなどにも目を向け、企業全体の業務に興味を持ってみましょう。そこから、IT化への枠組みを考えるようにします。具体的には、業務について、インプットとアウトプットだけを考えるのではなく、業務ルールから考えるようにします。また、複数の業務における関係性も考える必要があります。このように、どんな小さな業務に対しても単純なIT化だけを考えるのではなく、裾野まで深く考える癖をつけることが大切です。もし、超上流工程に携わる機会が無かったとしても、SE業務におけるスキル向上には間違いなく貢献するでしょうし、システム品質の向上にも寄与します。システムエンジニアであれば取り組んで損はないでしょう。

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。