システムエンジニアからビジネスアナリストになるまでのステップ

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

ビジネスアナリストへの成長ステップ

ビジネスアナリストへの成長ステップ

システムエンジニアからビジネスアナリストへとステップアップする際の過程について解説します。ビジネスアナリストはハードルの高い職業ですが、必要となる資質はシステムエンジニアと酷似しています。システムエンジニアとしての業務経験の中で、ビジネスアナリストとしてのベースは必然的に鍛えられているのです。

本質的なIT要求を引き出す力

システム開発において、システムエンジニアの視野はIT部分だけに集約しますが、ビジネスアナリストは経営とシステムの整合を考えなければなりません。ヒアリングによって得たクライアントの要求をシステム要件に落とし込むのがシステムエンジニアだとすれば、ビジネスアナリストはビジネスモデル、ビジネスプロセス他、非IT部分も含めたIT要求を引き出せなければなりません。ヒアリングのみに頼って導き出すIT要求は、本質から外れたものが多くあり、経営とITの整合を成しえません。

IT要求開発

システムエンジニアでいう要求分析、要求定義そのものにあたるステップとして、ビジネスプロセスからIT要求を引き出し、定義します。具体的には、業務参照モデルを使ってクライアントに質問を重ねる、ファシリテーションとよばれる作業によってユーザーからIT要求を引き出し、すべてを書き出していきます。この際、業務経験や業務知識の不足を懸念するエンジニアもいますが、その心配は不要です。その業務においてユーザー以上に精通していることはありえないことですから、臆せず質問しなければなりません。むしろ質問を躊躇することによってモデリングの整合性が下がることを懸念すべきです。ビジネスアナリストは、業務系プロセスのみに留まらず、意思決定プロセスにも触手を伸ばし、最終的には業務ノウハウをモデリングし、構造化し、見える化します。業務ノウハウを見える化するにあたっては、そこにいたるフレームワークを見つけ出す必要があります。

IT投資の効果を向上させる

ITシステムだけに注目したIT投資では、その投資効果は見込めません。ITシステムとあわせて業務プロセスの改善もしくは改革、さらに組織改革、そして人の教育を含めた改革を行うことによって、IT投資効果が劇的に向上するのです。ビジネス全体を抽象化し、プロセスモデリングをもとに構造化するという論理的思考能力はシステムエンジニアのシステム開発業務の中でも必要となるスキルであり、システムエンジニアであればその思考パターンとなるベースはすでに養われています。その対象となる範囲をITシステム単体からビジネス全体へと広げることによってビジネスアナリストへのステップをのぼっていくことができます。

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。