システムエンジニアの上流工程?ビジネスアナリストの仕事内容とは

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

最新記事

ビジネスアナリストとは?

ビジネスアナリストとは?

近年、ビジネスアナリスト(BA)やBABOKといった言葉を耳にするようになりました。ビジネスアナリストとは、ITシステムなどを構築する際に、クライアントの業務分析や要求分析を行い適切なシステム設計をする専門家のことをいいます。ビジネスアナリストとして実施すべきことをまとめたものがBABOK(Business Analysis Body of Knowledge)といい、カナダの非営利団体IIBA(International Institute of Business Analysis)が作成しています。

ビジネスアナリストの仕事内容

ビジネスアナリストは、ITシステムを開発・構築するにあたり、何が必要であるか整理し、コストパフォーマンスなどを調査検討します。プロジェクトの初期段階で大変重要な役割を担い、ビジネスアナリストが間違った方向に進めばプロジェクト全体が失敗するほど影響力は大きいものです。このように、ビジネスアナリストの責任はとても大きく、プロジェクトが大きくなればなるほど、たくさんの人に迷惑をかけ、プログラマをデスマーチへと追いやる結果をまねきます。中には数十億もの予算をかけた超大規模プロジェクトが、失敗し何も結果が残らなかったという事例もあります。

ビジネスアナリストに必要な知識

前述のとおり、ビジネスアナリストに求められる知識は、BABOKで定義されています。7つの知識エリアと32個のタスクにわかれているBABOKは、初めて見るひとには難解でしょう。さらに、ビジネスアナリストは、多種多様な業界における知識も必要となります。小売、製造、物流、飲食など、各業界の業務フローにおいても最低限の知識を把握していなければなりません。もちろん、ITに関する知識は、設計からプログラミング、運用まで幅広く必要で、実際にプログラミングができる能力が必要でしょう。

ビジネスアナリストに必要な資質

ビジネスアナリストは、とても敷居が高い職業ではありますが、ゼロから目指すよりもシステムエンジニアが目指すほうがハードルは低くなります。ビジネスアナリストは、問題解決のために論理的思考能力が必要ですし、ITの知識も必要です。その両方を持ち合わせている可能性が高いシステムエンジニアは、ビジネスアナリストの資質を既に持っているといっても過言ではないのです。実際、システムエンジニアとして従事していても、ビジネスアナリストの肩書を持った人に出会う機会はまだ少ないと思います。今後、日本でもビジネスアナリストの存在価値が高まり、需要も増えると考えられます。また、日本の国家資格である情報処理技術者試験にITストラテジスト試験はビジネスアナリストと類似しているため、一度目を通しておくと良いでしょう。

ITストラテジスト試験
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/st.html

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。