目指せ一流!システムエンジニアのスキル考察

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ここまできたら、超一流のシステムエンジニアを目指そう!

  • システムエンジニアスキルチェッカーズ - TOP

最新記事

システムエンジニアスキルチェッカーズ

ITエンジニアが現代のIT社会を支えていることは、確固たる事実です。IT土方などという呼び方もされるほど過酷な労働環境を乗り切る、専門家がITエンジニアです。日々進歩するコンピュータ技術を学び続け、常に勉強しています。システムエンジニアをライフワークとして生きる中で、ここまできたらITエンジニアとして超一流を目指してやろうじゃないかと思うようになりました。でも、一流って何だろう?一流のシステムエンジニアたるスキル・能力とは何かを考えてみたいと思います。

やるなら超一流を目指せ!このサイトを作った理由

やるなら超一流を目指せ!このサイトを作った理由

システムエンジニアのみならず、プログラマも含めたITエンジニア全体的な価値を底上げするためには、エンジニア個々のレベル向上も必要ではないかと考えています。ITの力で社会の流れさえ変化していく時代にシステムエンジニアとして生きるなら、超一流システムエンジニアを目指したい、そう思ったことがこのサイトを立ち上げた理由です。スキルの差が激しいエンジニアの世界で、超一流のシステムエンジニアを目指そうと考えた経緯、自己満足ともいえる自分自身の思いなどを語ります。 やるなら超一流を目指せ!このサイトを作った理由の詳細を見る

まずはスキルよりも考え方!若手システムエンジニアの悩み

まずはスキルよりも考え方!若手システムエンジニアの悩み

若手エンジニアにありがちな悩みは、自分自身の考え方を少し変えるだけで解消されるケースが多いようです。例えば「もっと大きなプロジェクトに関わりたい」という不満。「いつまでも同じ作業ばかりしていて、エンジニアとして成長できる気がしない」という悩み。「古い技術ばかりに埋もれていて、新しい技術にチャレンジする機会が与えられない」という不安。この手の悩みを持つ若手エンジニアは、「どうやら自分は環境に恵まれていないんじゃないか・・・」という結論に至りがちですが、あなた以外にも数え切れないほどの若手エンジニアがあなたとまったく同じことを思っています。 まずはスキルよりも考え方!若手システムエンジニアの悩みの詳細を見る

管理するスキルが求められる中堅システムエンジニア

管理するスキルが求められる中堅システムエンジニア

テクニカルスキルが安定し、経験値も積んだ中堅システムエンジニアに求められるものは、「管理職」スキルです。中堅ともなれば、いつまでも一作業者ではいられません。部下をまとめ、育成し、チームを円滑に回していく立場で能力を発揮することを期待され、成熟したコミュニケーション能力によって良好な人間関係を築くことが求められるようになります部下のやりたいことや興味関心を知ることで、部下のやる気を引き出し、チームに活気をもたらす工夫も必要です。自分ひとりではなくチームとして成果を出すことに目を向けなければならないステージです。 管理するスキルが求められる中堅システムエンジニアの詳細を見る

システムエンジニアからビジネスアナリストになる!

システムエンジニアからビジネスアナリストになる!

ビジネスアナリストという職種をご存知でしょうか?超一流のシステムエンジニアを目指すとはいえ、何をしていいかわからないという人に、ひとつの指針としておすすめしたいのがビジネスアナリストを目指すことです。ビジネスアナリストは開発プロジェクトの中でも初期段階に能力を最大限発揮するポジションで、かなり上流の工程を担当します。ビジネスアナリストの能力如何が開発プロジェクトの成功に大きく影響するため責任は重大です。ITエンジニア自体が専門家ですが、ビジネスアナリストは専門家の中の専門家といえる立ち位置にあります。 システムエンジニアからビジネスアナリストになる!の詳細を見る

高給取りシステムエンジニアになるには?

高給取りシステムエンジニアになるには?

高単価のシステムエンジニアが活躍する場面といえば、プロジェクト立ち上げ期の上流工程です。まだ形になっていないシステムの要件を定義したり設計をするためには豊富な知識や経験が必要となります。プロジェクト立ち上げが終わり、開発や運用保守のフェーズになると高単価のエンジニアでなくても勤まる仕事が次第に増えていきます。システム開発の成否を左右するプロジェクト立ち上げ期こそ優秀なシステムエンジニアが必要です。そのような経験豊富なシステムエンジニアが自分の能力にマッチした仕事を探したい場合、良質な専属エージェントなどを利用することで安定して仕事を得ることが可能になります。 高給取りシステムエンジニアになるには?の詳細を見る

システムエンジニアたちの悩み

システムエンジニアたちの悩み

どの職業にも、その職業人ならではの悩み事、同じ職業同士だからわかりあえる不満や不安などがあるものです。システムエンジニアも例外ではありません。ストレスが多く、うつ病発症率も高いといわれるシステムエンジニアの悩みに焦点をあててみましょう。システムエンジニアの悩みは、実務経歴やレベルに応じて、その種類が変化していくようです。世の中には同じようなことで悩んでいるシステムエンジニア仲間が大勢います。解決の糸口やヒントを見つけて、ストレスを解消していきましょう。 システムエンジニアたちの悩みの詳細を見る

スキル特集記事一覧

中堅システムエンジニアに求められる管理スキル
中堅システムエンジニアに求められる管理スキル

中堅システムエンジニアともなれば、自分ひとりの作業だけに集中しているようでは一流エンジニアとはいえません。自身のスキルと経験を活かしつつ、若手エンジニアを含めたチーム全体で成果をあげるための貢献を求められるようになります。いわゆる管理スキル、マネジメントスキルといわれるものです。例えば、自分に配下についている社員のやる気を出させることも大事です。システムエンジニアとしての管理スキルとは「開発プロジェクト全体をプロジェクト成功に効率よく導く力」を指します。プロジェクト全体を管理するためには、全体を俯瞰すると同時に個々のメンバーに目を配り把握する力も必要となります。

ビジネスアナリストになるためのスキル養成法
ビジネスアナリストになるためのスキル養成法

システムエンジニアから一人前のビジネスアナリストになるためには、それまでの過程を重要視する必要があります。上流システムエンジニアとしてクライアントが表現する要求のみを受け取るのではなく、そのバックにある業務プロセスも理解しながら分析する能力を養うことが大切です。システムエンジニアとしてのテクニカルスキルと知識、業務系に精通した知識、さらにクライアントの要求の本質を引き出す力が備わり、プロセス改善・設計支援から企業全体の戦略やプロセスの改革を支援できるようになってようやく一人前のビジネスアナリストといえるのです。

高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?
高単価なシステムエンジニアの必須スキルとは?

システムエンジニアとして、さらなる高みを目指して高単価なシステムエンジニアになろうとする際、身につけるべきスキルについて考えてみましょう。技術的には、ごく当たり前とも言えますが、各種プログラミング言語を使いこなせること、そしてデータベースやSQL、サーバ関連の幅広く豊富な知識を持っていることが前提です。最新の技術トレンド情報も敏感にチェックしておくべきでしょう。技術以外では、クライアントや開発関係者と円滑なコミュニケーションをとり物事を推進させるヒューマンスキルが重要です。常識的な業務知識、ビジネススキルも必要でしょう。